【携帯メルマガ登録】

ナレッジオンライン公式メルマガ 入力フォーム
名前(苗字)  *
携帯メルアド  *
 私どものメルマガは「携帯電話で読めるメルマガ」にて配信しております。
 ですので、お手持ちの携帯電話のメールアドレスを登録頂くことをお勧めします。
 お手持ちの携帯電話に自動的にメールが届くようになりますので、
 学習効果が数倍高くなることが見込めるからです。
 ※なおこちらで登録頂いたメールアドレスに対しては、ナレッジオンラインからのメルマガのみしか
 配信されません。
 また、いつでもワンステップで配信解除出来ますので、安心してご登録下さい。

【厳選!アクセスアップ系無料レポート】

2012年07月13日

動画やブログのページ数を爆発的に増やす画期的な方法

KNOWLEDGE(ナレッジ)の梶原です。


■成功法則は1つではない


「何から始めていいのかわからない」

ウェブでのマーケティングというのは選択肢が多いということと、

業種、人それぞれの個性などにより、何がヒットするか分からないということもあるので、

最初はなるべく、その道の「プロ」に自分が具体的に何から始めたら成功率が最も高く、最も最短路で成功までのルートをたどることが出来るか聞いた方が早いと思います。


実際の処、私に寄せられる相談も、常時20名ほどの方を継続的に見させていただいているわけなのだが、

(それで結構忙しい)

それぞれ業種はバラバラ、したいこともバラバラ、要望もバラバラなので、

それぞれがやってもらっている課題などは全く違う場合が多い。

ただ、共通しているのは、YouTube動画に現在取り組んでいる人が多いとか、Seesaaブログから始めてみた、という人が多い感じでしょうか。


守秘義務というものがあるので、クライアント様の名前やサイトなどを公開することは難しいのだが、その中でお一人、かなり優秀な方がおられるのでどのようなことをしているか紹介だけしておこう。


■クライアントの成功事例


そのクライアント様の名前はここでは仮にSさんとしておきます。

Sさんは某工場勤務で、給料が安いってことで数ヶ月前から僕のサポートを受け始めている方だ。

この方は半年で30万円のコースだったので、そろそろサポートの期間も終わるのだが、

割と面白い感じにまでなってきているのでご紹介しよう。

彼が一貫してやってきたのは物販アフィリとオークション。

当初、無料レポートを作ってリスト取りをし、メルマガでそれらのビジネスをしようと考えてましたが、

それは不発に終わったので現在は、YouTube動画を使うことでSEO対策を効率良く行い、

自分のブログなどの集客数を増やすことでアフィリエイトなどを成功させている。

オークションの方は仕入れが面倒なのでなかなか動いていない様子(笑)


彼は自分が撮った動画、他人の動画などを駆使し、膨大な数のブログのページ数をここ半年で稼いだ。

自分撮りの動画数も千を軽く越し、ブログの本数はFC2、Seesaaなど有力ブログで十数本、ページ数はおそらく数千あることだろう。


彼に場合、動画本数とページ数を増やすことに空き時間の全てをつぎ込んだそうなので、僕のペースを上回る凄い集中力を発揮してくれたみたいだ。

詳しいことは後ほど紹介するが、彼は半年で月収30万円以上を確保することが出来たらしい。

まだしばらく今の生活を続けるようにアドバイスしているのだが、おそらく1年後くらいを目処に独立するだろう。


■動画やブログのページ数を劇的に増やす画期的な方法


これは彼に限らず、面白い方法なのでぜひやってもらいたいものなのだが、

あなたは「コンテンツ・シンジケーション」という言葉をご存知だろうか?

コンテンツ提供ともいうものなのだが、

このコンテンツ提供、簡単に説明すると、

例えばAさんが作ったコンテンツを他のBさんやメルマガを発行しているCさんに使ってもらうことを言います。

Aさんは、コンテンツをBさんやCさんに使ってもらう代わりに、

AさんのサイトにBさんやCさんのサイトやメルマガから指定したアンカーテキストでリンクを貼ってもらうというものです。


BさんやCさんのようにサイトを量産しようとか、メルマガのネタに困っているという人はネタがタダでもらえるので助かりますし、

Aさんは被リンクを自然な形で増やすことが出来るので、SEOでも強くなりますし、BさんやCさんの顧客からのアクセスも期待できるというわけです。


これについては僕も実際にやっているので詳しいレポートはまた別の機会で公開しようと思うのだが、


僕の場合は、「ザ・レスポンス」の小川忠洋さんのメルマガを僕の携帯メルマガで使わせてもらっていたことがあるし、

僕が発行しているこのようなメルマガも基本的に使ってもらってOKです。


このように考えている人は何も僕や小川さんだけでなく、実は非常に多くおられる。

前出のS君も物販系のブログの作成者に交渉し、彼のブログの記事を自由に使わせてもらうことが出来たらしい。

そのことで彼はその物販系ブログの数千という記事の中から好きなものを自分のブログなどに転用することが可能になった。


彼がやったのはズバリこんな方法だ。


ただ単にブログをコピーしただけでは意味がないので、彼はまず「キーワードを厳選すること」から始めた。


例えば、出典元のブログの記事が

「YouTube動画で稼ぐ方法」だったとしても、そのキーワードで勝ち目が薄いと見るや、

「ようつべ動画で稼ぐ方法」というような感じで競合が少ないキーワードにタイトルなどを変え、

そのタイトル名で自分撮りの動画を作り、それをYouTubeにアップすると同時に、自分のブログにも組み込むという方法でブログのページ数、YouTubeの動画本数を稼いでいった。


あと、YouTube内で使えそうな動画を見つけたら、その動画のタイトルをブログの記事のタイトルにし、ブログに組み込むだけでブログのページ数を稼ぐ作戦も使った。

そのような戦法で、半年弱で数千のブログのページ数と千余りのYouTube動画を構築することが出来たのだ。


今のところ、まだ始めたばかりということもあり、それらの成果はまだ出始めたばかりという感じなのだが、

もう少し効率良くこのような仕組みを構築することが出来たり、ウェブからだけの収入ではなく、リアルで一般企業や店舗などの売り込み、利益を上げるということも可能になると思う。

もちろん、このような成果を武器に企業に就職し、今以上の給料をもらえるようにしても当然いいだろう。


彼はもう十分、そのような技能と資格を手に入れたんじゃないかと思っています。


■馬鹿にならない”自分撮り動画”を使ったYouTube&SEO攻略法


僕も以前から少しずつだが、自分撮りの動画を撮り、YouTubeに載せることをしているのだが、

最近改めてその効果の高さを痛感することがある。

というのも、最近訪問した企業などで、「僕を呼ぶことに決めた理由」として、

YouTubeで僕が映っている動画を見て、それなら相談してみようと思った例が多かったからだ。

僕の場合、メルマガはほぼ毎日書いてるが、動画は1日で10本ほど撮りだめすることが多い。


まぁ、10本と言っても一本当たり長くても10分程度なので、仮に100分かかるとしても2〜3時間もあれば十分可能だ。

だから、「千本動画をユーチューブにアップしてます」という人がいたとしても、

「ふ〜ん、そういう人は結構多いよ」というのが現状。

中には、数十本の動画でチャンネル自体の動画の再生回数が数十万、数百万回といっている人もあるのだが、

千本以上の登録本数があるチャンネルもぜんぜん珍しくない。

ちなみに僕はジャンルが違う動画や、クライアントなどが絡んでたりするものは別のアカウントで動画をアップしているので、

あまりユーチューブ動画に重視してなかった僕でさえ千本以上の動画はアップしている。


ここでひとつ、物販系のユーチューブのチャンネルでカリスマ的な人がいるのでご紹介しておこう。

JETDAISUKE CHANNEL

120713-04m.jpg

彼のチャンネルを見てもらったらわかるが、マジで面白い(笑

一部で「ウェブ版ジャパネットたかた」と呼ばれているそうなのだが、

以前も紹介したことがあるアメリカのワイン屋の「ゲイリー・ベンナチャック」にも共通している楽しさが彼にはある。


このメルマガ作成時で動画の再生回数は7922万回もあったわけなのだが、

仮に1万回の再生回数で2000円の広告費を稼いだとしても、1587万円もの収入をこのチャンネル全体で稼いだ計算になる。


彼の場合、紹介があまりにも面白く評判になったので、企業や店舗などが彼に商品を持ち込み、ぜひ紹介してもらいたいという依頼が入ってくるそうなのだが、

仮に1件の動画を受けるのに10万円いただいたとして、月に15件そのような案件をこなしたら、

それだけで月150万円の収入になる。


また、ここまで集客力や登録者数なども増えたチャンネルだと、

自分が売りたい商品やサービスが別にあったとしてもそれも当然売りやすくなるし、

このチャンネルに登録している動画などからのリンクなども価値が高くなる。


■男性ばかりの独占市場?!いやそんなことはありません


今回例に挙げたジェットダイスケさん、ジャパネットたかたの高田社長、動画マーケティングで世界中で最も儲けているアメリカのゲイリー・ベンナチャックなど、

なぜか例に挙げているものは男性が多いのだが、女性でも十分すぎるほど活躍できる余地が残っていると思う。


特に、しゃべりが面白い人、

過去営業職や売り子などをした経験者、

癒し系だと他人に言われる人、

すげぇ美人など(笑


男性だけでなく女性も惹きつけるものを持っている人はこの”自分撮り動画マーケティング”で成功する可能性が極めて強い


特に女性は、プライバシーなどの問題があり、自分撮りを嫌う人も多いので、逆に言うとライバルが少ないということも言えるし、非常に狙い目市場であるのだ。


ジャンルによっては女性が多く自分撮りの動画を載せているジャンルもあるのだが、

幸いなことにというか、なんというか、SEO的なことをあまり考えずに適当な戦略でアップしてる場合が多いし、

僕が言っているようなSEO対策を知っている人は皆無に近いので、

やり方が良ければ後発組でも十分勝てる可能性もある。


何ども言うが、成功法則は1つだけではない。

あなたに最適な方法がなにか1つはあるはずだ。

それを見つけていきましょう。


■次回募集はしないかもしれません


今まで申し込みいていただいた方の場合は、最後までキチンと面倒を見させていただこうと考えているのですが、

僕の知り合いの社長さんで、ある業界に太いパイプを持っている社長が、僕がもつYouTube動画をベースにしたマーケティング手法に凄く興味を持ってくださった。


で、これはさきほどの話なのだが、遠路はるばる、何百キロも飛行機と新幹線を乗り継いで岡山まで話を聞きに来ていただいた。

結局、その社長が某県のある業種に対して、売り込みをしてくださることになった。


ただ、これは”個人”を相手にするわけではなく、”企業”向けのコンサルティングとなるので、ヘタをするとその都道府県まで僕が出向かないといけない可能性もある。

なぜかというと、企業向けのコンサルティングというのは、最低でも月5万とか、メニュー次第では月30万とかという話になるからだ。


仮に一社当たり、月10万円のコンサルタント料をいただけるとすると、

もちろん、その地域のライバル企業にも同様の売り込みをかけてくれるみたいなので、一つの県で5社とか10社とか、まとまった数が入ってくるかもしれない。

一社当たり10万円、一県あたり5社、

それが4つの都道府県にまたごしたとしたら、それだけで月200万円の計算になる。


・・・これは余談だが、岡山県や愛知県(名古屋)は、この手のコンサルタント業をするには結構厳しい土地柄で、

僕も地元の企業や地元の個人レベルの人にはあまり当初から期待していないのだが、

例えば東北のある県とか、北海道、九州地方などは非常に先進的な気風の土地柄の処は、僕のような業者が教えるノウハウを少しでも早く取り込もうという人が多い場所もある。


私のノウハウの場合、例えば「新潟 ホテル 予約」などというキーワードで新潟のホテル業界なら絶対押さえておきたいキーワードなどを根こそぎ上位を独占してしまうということも十分使える。


となるとどんなことが起こるのか?というと、

僕のノウハウを導入したところは、狙ったキーワードで上位表示を独占し、

何も対策してない処は今まで自分が表示されていた処を追い落とされるというような現象が起きる場合も十分考えられる
だろう。


クライアントの守秘義務もあるので、具体的にどの都道府県のどの地方のどんな業種なのかは言えないが、

僕のノウハウを使い、既に独占を始めた処も実際存在する。


今までのSEO対策というのは自分のサイトを上位表示させることだけが目的だったのだが、

今回は、逆に「自分のサイトが検索して1ページ目から追い落とされないようにしないといけない」という、ネガティブな理由で取り組み始めることも当然考えられることだ。


つまり、今まで以上にライバル社の動向は注意しないといけないし、またライバルが動き始めたとき、物凄い勢いで狙っているキーワードの独占が進むことも十分考えられる。


今日来られた社長さんも僕が試しにYouTube動画を数個アップしていたのを知っているので、どのくらい早く上位独占が進むかというのを知っていたので、

忙しい中わざわざ遠路はるばる直接話を岡山にまで聞きに来られたのだ。


YouTube動画だけなら早くて数時間、

Facebookページやブログなどの合わせ技を使って独占を確実なものにすることでも2週間もあれば、今のように競合が全くない状況なら簡単に独占し、


何の対策もしていない社のサイトなどが検索結果から追い落とされる。

今まで2位だったのが、抜かれて3位になるとかいうのではなく、

検索結果1ページ目などから姿を消してしまうことも十分ありえる。


今までのSEO対策は「より多く儲けたいため」だったのだが、

今回の対策は「今までの儲けを防衛するため」という意味も強いため、

このような状況にあることをしっかり理解してくださった社長さんや店舗のオーナーはかなりの確率で契約してもらえると感じています。


今回、僕は自分からは営業活動しませんが、「営業したい」という方が彼に限らず出てくる可能性も高いですし、

彼みたいに、1つの都道府県で複数のライバル業者全てに営業してみるという方も今後増えてくる可能性もあるので、

今までみたいに月1〜3万程度のコンサルティングがいつまで継続出来るのかは正直僕でもよくわからないところがあります。


来月くらいから岡山でもある業者さんが自社の顧客向けにセミナーを開催し、僕が講師として呼ばれることになっているので、

当然その中からも最低数社は試したいという方が出てくるだろう。

仮に岡山で10社も請け負ったら、県外のコンサルまでは正直したくないなぁ(笑

おそらくだが、一社当たり10万は最低でも頂くと思う。


とりあえず、動き始めるのは来月以降なのでまだ僕の方もなんとか余裕をもったコンサルが出来るのだが、マジで来月以降はどうなるかわからない。


ですので、あとマックスで2〜3名程度で受付を終了させてもらおうと思っています。

つまり在庫切れしなくても止めてしまう可能性もあるので、興味のある方は今すぐお申し込み下さい。



編集後記


僕がこのメルマガで公開している情報程度はまだ「序の口」だと思っておいてくださって間違いありません。

今回、僕が明かしているノウハウはあくまでも表面的に見えるものしか公開していないのだが、

有料コンサルでサポートをしている方には、必要に応じて十分な情報を提供しています。


例えば、最近の若い子が使ってる検索エンジンって何かご存知ですか?

検索エンジンのシェアなどを調べている資料などでは出てこないのだが、

「影の検索エンジン」としてアメリカなどでは第二のシェアを持つものとして密かに脚光を浴びつつあります。

・・・それは・・

「YouTube内検索」なんですね!

120713-06m.jpg


実際、僕の知り合いなどでも最初に何か調べる際、ユーチューブで調べる人もいるし、

僕も調べるものによってはグーグルで検索はとりあえずするが、すぐ「YouTube」をクリックして、そちらで調べることがある。


この「ユーチューブ内検索のSEO」もかなりのことがわかってきています。

そのような重要は話などもクライアントにのみ公開していますし、最新情報をお伝え出来ると思います。


ではまた次回をお楽しみに!


梶原基史
(Motofumi Kajihara)
posted by moto at 21:12 | Comment(0) | 動画マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


厳選・情報商材系無料レポート!(毎日更新)

メルマガ登録
ナレッジオンライン公式メルマガ 入力フォーム
名前(苗字)  *
携帯メルアド  *
 私どものメルマガは「携帯電話で読めるメルマガ」にて配信しております。
 ですので、お手持ちの携帯電話のメールアドレスを登録頂くことをお勧めします。
 お手持ちの携帯電話に自動的にメールが届くようになりますので、
 学習効果が数倍高くなることが見込めるからです。
 ※なおこちらで登録頂いたメールアドレスに対しては、ナレッジオンラインからのメルマガのみしか
 配信されません。
 また、いつでもワンステップで配信解除出来ますので、安心してご登録下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。