【携帯メルマガ登録】

ナレッジオンライン公式メルマガ 入力フォーム
名前(苗字)  *
携帯メルアド  *
 私どものメルマガは「携帯電話で読めるメルマガ」にて配信しております。
 ですので、お手持ちの携帯電話のメールアドレスを登録頂くことをお勧めします。
 お手持ちの携帯電話に自動的にメールが届くようになりますので、
 学習効果が数倍高くなることが見込めるからです。
 ※なおこちらで登録頂いたメールアドレスに対しては、ナレッジオンラインからのメルマガのみしか
 配信されません。
 また、いつでもワンステップで配信解除出来ますので、安心してご登録下さい。

【厳選!アクセスアップ系無料レポート】

2013年01月30日

ユーチューブとエロ動画でありえない稼ぎ方をする件ww

■YouTubeとDailymotionで儲ける方法!

※今回の記事も動画で用意しております


早速、始めますが「Dailymotion(デイリーモーション)」って知ってますか?

デイリーモーションは、ユーチューブと同じく動画の共有サイトですが、ユーチューブより一ヶ月早く(自己申告ww)サービスを開始したとされる、フランスの会社のサービスです。

220px-Rue_Ganneron,_49-51.jpg
デイリーモーション、フランスの本社

ユーチューブとデイリーモーション、非常によく似たサービスを提供している会社ですが、この2つの会社の決定的な違いは何かご存知ですか?

1つは、「ユーチューブには再生回数に応じた広告報酬を支払うサービスがあるが、デイリーモーションにはない」という点。

2つ目は、「特に性的な表現が、ユーチューブやニコ動に比べてデイリーモーションは寛容なため、女性の乳房・ヘアヌードなどを露出した動画も登録されていることがある」という点。

3つ目が、「ユーチューブには圧倒的な集客力がある」という点。

さあ!ここだけでも勘の良い人なら「あ!そうか!稼ぎ方がわかった!」と言う人も出てくるんじゃないかな?


■ユーチューブ動画の”本当の威力”とは?

ここでは、「デイリーモーション」という動画共有サービスを挙げさせてもらったが、これは別にデイリーモーションに限らず、非常に沢山使うことが出来る。

例えば、アメリカ合衆国では「FC2動画」「Saymove」「Veoh」「RedTube」。

イギリスでは「LiveLeak」

フランスの「Dailymotion」

中国の「Tudou」「56.com」「acfun.tv」「LeTV.com」

韓国の「PANDORA.TV」

ロシアの「RuTube」

オランダの「AniTube」などなど・・・。

これら以外にも、まだまだ膨大な数があるということは覚えておいてもいいだろうと思う。

動画共有サービスは物凄く沢山あるのだが、この中でもユーチューブはやはり頭一つ飛び抜けている感がある。

まず、グーグルの子会社ということもあり、グーグルの検索画面のバナーに「YouTube」という特別なジャンルが存在していたり、

検索結果にユーチューブ動画が含まれる場合などもあったりするので、ユーチューブ動画を入口にして、

なんらかのサイトに飛ばしたり、ユーチューブ動画そのものの再生回数を稼いで、広告収入を得ても良いのです。

どちらにせよ、「再生回数を稼げばアドセンスから広告収入が入ってくる」ということは頭に入れておいて損はありませんね。


■具体的にユーチューブとデイリーモーションを使ってどうやって稼ぐのか?

こちらのノウハウも基本的に、ある人の有料ノウハウがベースになっている(笑)ので、あまり詳細はお伝え出来ないのですが、概要なりとお伝えしたいと思いますし、その許可は得ているので、ぜひ目を皿にしてご覧ください。

先ほど、「ユーチューブとデイリモーションでは、デイリーモーションの方が審査が寛容だ」という話をしましたね。

つまり!

通常、ユーチューブで審査が通らないジャンルの動画でも、デイリーモーションを始め、他の動画共有サイトでは審査が通って、実際に動画が掲載されている例が多いということです!

今回の、稼ぎのノウハウはその”格差”を使うわけですね!


■「えっ?!ユーチューブってこんな動画を掲載してるの?」

ユーチューブ動画を使って稼ぐには、

1.再生回数を増やして広告収入を得る

2.検索エンジンとの相性の良さや、ユーチューブ内の関連動画などへ掲載されることを利用して、ユーチューブ動画を入口として外部リンクして稼ぐ

という2つの方法がある、と言いました。

厳密に言うと、ユーチューブを使って稼ぐ方法はこれ以外にもいくつかあるのですが、ここではややこしくなるので省略しますね。


自分が作るユーチューブ動画をいかにして再生回数を増やすか?!という記事は過去に何度か書いたことがあります。

再生回数が増える条件を覚えていますか?

これは非常に重要なので暗記しておいてください。

1.元々有名だった

2.衝撃的

3.感動的

4.エロ

5.バカ

6.子供・ペット(可愛い)

はい、このようなものがありますね。

今回は、この中の「1.元々有名だった」と、「4.エロ」の2つに注目してみましょう。

2の「衝撃的」とか、3の感動的、5のバカ、6の子供やペット動画というものはユーチューブにもありますが、

1と4は、著作権の絡みや審査の厳しさなどの理由で、ユーチューブ内にはない動画が多いのです。


ユーチューブで再生回数が多い動画に1から6までの共通点があると言いましたが、動画の再生回数の多い動画は「タイトルが凄い」ものも非常に多く存在します。

つまり、動画の内容ウンヌン関係なく、「タイトル」が物凄く魅力的なら、どんな動画も爆発的とまでいかなくても、かなりの再生回数を稼げるというわけだ。

仮に、一本辺りコンスタントに1万回の再生回数が稼げたとして、そういう動画を日に1本ずつ増やしたとする。

通常、「一万回の再生回数で稼げる広告費は千円」くらいだと言われているので、仮に、1時間で1本、そういう動画を作ったら、時給1000円で、お手軽ネットビジネスにしてはかなりの高給だ。

私の処でも、いろいろノウハウを教えてもらっているのでテスト的に動画を作ってやってみているが、3ヶ月で数千回で終わったものもあるが、上手くいったヤツでいうと、3ヶ月で20万回とか、30万回とか行ったものもある。

著作権で削除されることもないし、複雑な動画を作る必要もない。

特別、有料の動画編集ソフトも不要だし、才能とか訓練が特に必要ってわけでもない。

今現在は同じことやってる人は極めて少なく、それでいて市場はバカみたいに広いので当分の間、この手法は稼ぎ続けるんじゃないかと思いながら作業しています。

ちなみに、このネットビジネスは即金になるわけじゃないんだが、一度再生回数が暴走し始めた動画がある一定数、増えてくると固定給並に利益を稼ぎ続けることが出来るのと、

作業しなくても放置状態でお金が振込まれ続けるので、僕みたいに「自動販売機が欲しい」ってタイプにうってつけの方法だったりする。

ひとまず、無料で公開出来るレベルとしてはこれくらいなのだが、反応が多ければ、もう少し突っ込んだ内容を公開しようと思う。


ではでは、今回は以上で終わります。
posted by moto at 23:43 | Comment(2) | 動画マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

自分で自分を洗脳して金を稼ぐ方法に絶句www

■自分で自分を洗脳して金を稼ぐ方法に絶句www

※今回の記事も動画で用意しております


記事を作るだけだと結構カンタンだし、日に3つとか5つとか、量産することも可能なのだが、その記事を毎回、ユーチューブ動画にしていると、どんなに急いでも日に1〜2個しか作ることは出来ない。

だが、わざわざ、そんな面倒なことをやっていることにも一応、ちゃんとした理由があるので、ここでその理由をご説明したいと思います。


岡山は基本的に”車社会”なので、街中に住んでいて、自転車があれば通勤も買い物も問題なく行えるというのはごく一部の人なので、

自動車の普及率は結構高い方だと思う。

ただ、僕も一時期、自分の車の車検は切っちゃっていた時期があった。

というのも、家族用の車が一台あったし、その車は通勤で誰も使ってなかったので、用事があればソレに乗って出かければ良かったし、

当時は家から歩いて5〜6分のところに事務所を借りていたので複数台の車を維持しておく必要はなかった。

また、当時は「趣味は仕事が一段落してからでもいいや」と思っていたので、趣味用の車を復活させてしまうと、仕事をしなくなる(手抜きを始める)のでは?と思っていたということもあります。

最近は、長男が「あの車を復活させて山であそびたい!」と強烈にアピールするようになったので、復活させて乗り回しているのだが、

やっぱりあったらあったで便利だ。
(^^

そんなことはどうでもいいことなのだが、何を言いたいのか?というと、

車で移動している際にも、”勉強”は割と効率良く行うことが可能だ、ということが言いたかった。


■神田昌典の「テープ学習法」

これは何年か前のメルマガでも書いたことがあるし、有料マニュアル内でも紹介したことがあるのだが、

あなたは「神田昌典」という方をご存知だろうか?

ちょっとネットビジネスをかじっている方ならほとんど知っていると思うが、

神田昌典さんという方は、おそらくウェブビジネスをしている人の中で最も有名な経営コンサルタントだ。

彼の著作には、非常に有名なものがあるのだが、僕が独立直前に読んだ「非常識な成功法則」という本は、その中でも物凄く影響を受けた本だったし、その内容をいまだに活用し続けている。

彼はさきほど紹介した本の中で、

「お前が独立してうまくやってきた最大の秘密を吐け。さもないと命がない」と脅されたら何を挙げるだろう?という問に対し、私は躊躇なく「はい、テープを聞く習慣です。」と答える、と記しています。

これまた最近はTVなどでもよく顔を見るようになった、勝間和代さんの著書、「無理なく続けれる年収10倍アップ勉強法」の中でも同様の勉強法を勧めている。

実は私も、起業した当初、PCユーザー向けに売れていた情報商材の販売権をもらってきて、それを声優さんに読み上げてもらい、音声ファイルにして販売していた時期がある。

この商売自体はあまり売れなかったということもあって、半年余りで辞めてしまい、”携帯業界”に進出することになったのだが、

自分が起業前にいろんな本やマニュアルなどを買ったとき、そのマニュアルや本を自分で読み上げ、携帯電話に録音させておいて、仕事中に聞いていたことがあったというのが、そのビジネスを思いついたキッカケだった。

当時は交替制の仕事をしながら、空いた時間は勉強してたのでとりあえず時間がなかった。

それを埋めるため、「耳から音声として聞く」という勉強法を取り入れていたわけだ。

実際、これを僕自身、結構長年やってますが、物凄く効果が高いと思っている。

「自分自身の経験上、物凄く効果が高い」と思っているので、事あるごとにメルマガなどで、その方法をオススメさせていただいているというわけだ。


以前は、自分で記事を読み上げて、それを録画してユーチューブなどに載せていた時期があったのだが、

結構、雑音が入ったり、取り直しなども多かったり、つい余談が入ってしまって不必要に長くなってしまう、などの理由があって、「あまり合理的とは言えないな」と思っていた時期があった。

その代わりとして採用したのが、今みたいに、文章を自動で読み上げてくれるソフトを使って、字幕を入れて動画にする方法だ。

(つまり、今観ている動画がそれだ!)

これなら、周囲が多少雑音があっても問題なく音声や映像を録画出来るし、パソコンの性能が劣っていたとしても、新幹線などの中でネット環境にない場合などでも十分作れるので、個人的には物凄く気に入っています。


今回のメルマガの冒頭で「自分の趣味の車を復活させた」という話をしたが、その車の中で、i-Podに入れておいた動画の音源を連続再生させて繰り返し聞くようにしている。

また、パソコンの前で座って仕事をしているときは、空いている画面でユーチューブの動画チャンネルを自動再生させ、お気に入りの動画を何度も繰り返し見る(聞く)ようにしています。

こうすることで、「どうしても頭に入れておきたい」という動画を何度も繰り返し聞いているわけです。


■「繰り返し聞く」ということは「洗脳する」ってこと

実は、「耳から何度も聴く」ということを学習効果に応用するのは、科学的にも効果があると実証されていることなんです。

悪質な宗教団体などがこの効果を悪用しています。

「洗脳」ってやつですね。

何度も何度も教祖のありがたいお言葉というやつを信者に聞かせることで、洗脳していくわけです。

考え方その他まで染まっていくので、これは本当に強力なパワーがある手法なんです。


警察の取調べでも、この効果を狙って、容疑者に何度も何度も「オマエがやったんだろ!」ということを繰り返し聞かせることで、

「オレがやったんだろうか?」と思い込ませて自白に追い込む、ということが問題になったこともありました。


詐欺師が同じ嘘をなんどもしゃべっているうちに(自分の声を自分の耳で聞いている)、そのうち本当に自分で話している嘘を自分が信じてしまうようになる、ということもあると聞きます。

これを良い方向で使おうというのがテープ学習法なわけです。


あなたが「こうなりたい」という人のインタビューを録音いたものを何度も聞いてみるとか、

「短期間で頭に入れたい」「重要なことなので、深層心理のレベルまで深く心に刻み込んでおきたい」という場合に使うと有効です。


僕が最初にこの方法を取り入れた頃は、当時インタビューとかのCDとかテープというのはそれほど多く売り出されていなかったので、

頭に入れたい情報商材や書籍を自分の声で読み上げて、それをパソコンで録音し、携帯電話のSDカードに音声データとして入力して聞いてました。


今ではすっかりやり方を忘れちゃいましたが、パソコンで録音したMP3データを、無料ソフトを使って3GPPファイル(動画ファイル)に変換して、

決められたフォルダに入れてやれば、「画像のない音声だけの動画ファイル」として携帯電話でも録音したものが聴けたと思います。

今はそんなメンドウなことをしなくても、iPodなどを持っていたら簡単にパソコンで記録させておいた音声ファイルをポータブルオーディオに転送することができるので便利になりましたよね。


僕は、2GのiPodと、16GのiPhoneの2つを持っているので、どちらにもセミナーや自分で編集した動画から抽出した音声ファイルが入ってます。

それを、車の中だとか新幹線の中などで聞いているわけですね。

これはいまだにやっています。


映像を何度も繰り返し見るより、音声を何度も繰り返し聴くほうが「洗脳効果」が高いので、ぜひあなたもやってみてください。

たとえば動画(映像)だと、なにかしながら見るというわけにはいきませんが、

音声を聞くのであれば、運転しながらであったりとか、散歩しながら、通勤電車の中でとか、「ながら」でできるというメリットもあります。


CDはカンタンなんですが、DVDの音声部分をiPhoneなどに入れるのはちょっと一手間必要ですが、本屋で売られているような雑誌でも詳しい方法が載っていたりしますし、

電器量販店の店員でもやり方を知っている人がいますので、ぜひ音声を何度も何度も聞いてみてください。


あ、これは余談なんですが、読書するのでしたら声を出して読んだ方がいいですよ。

理由は先ほども言いましたが、自分の声を自分の耳で聞くことになるので、学習効果が飛躍的に跳ね上がるんです。

周囲に人がいるのでしたら、自分だけが聞こえる程度の大きさで読み上げればいいですし、

パソコンの前で読めるのであれば、安いマイクでパソコンとつなげておくと、無料ソフトを使っても録音できます。

MP3とか、WMAなどのファイル形式にしておけば、ポータブルオーディオに入れやすいので、覚えておくと良いですよ。

これはぜひ、チャレンジしてみてください。
posted by moto at 10:55 | Comment(0) | 動画マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

ユーチューブが今、美味しすぎる件wwwwww

■ユーチューブが今、美味しすぎる件wwwwww

※今回の記事も動画で用意しております


いろんな方にユーチューブ動画を使った儲け方を教えているが、僕自身、「ユーチューブってホント、笑いが止まらない」って思ってる。

確かに、ユーチューブ動画って言うと「面倒」という意識が先走ってしまうのはよくわかる。

だが、これは数年前までの僕も同じだった。


ところが、ブログ集客などを始めると、「いかにして集客するか」で悩むことに直面した。

ブログ集客の正解は1つじゃないので、あの手、この手でアクセスを増やしていくことは出来る。

だが、多くの人が一番悩むのが「どうやってブログのネタを量産すればいいんだろう?」ということじゃないだろうか?

英語や、他の言語が出来る人なら、例えば英語で日本人についての噂で盛り上がっている掲示板(日本でいう2chみたいな板)を見つけて、

その内容を日本語に翻訳してブログの記事にするだけで、結構、今の日本人の多くから読んでもらえる内容のブログを量産し易い。

先日のメルマガで僕が、「どうせ書くなら1つ1つの記事に魂を込めて記事を書くべきだ」と言ったのは、

手を抜いた記事では、多くの人に「おぉ、この記事は凄いぞ!」と思われる記事になりにくいからだ。

「金を稼ぐ」ってのは、「いかにしてアクセスを集めるか」ってことでもあるわけなのだが、

いかにしてアクセスを集めるか?ということを突き詰めて考えると、いかに訪問者に好まれるコンテンツを提供できるか?ということに比例すると思っている。

つまりだ!

ほとんどの人は「多くの人に好まれるコンテンツ」が作れないために、せっかく作ったブログは泣かず飛ばずで終わっているのです。

「多くの人に好まれるコンテンツを作れる人」は残り、そうでない人は容赦なく業界から消え去っていく・・・

これが、ウェブ業界の偽らざる真実なのです・・。


■いかにして「多くの人が面白いと思う記事を量産するか?」

「アクセス数のアップ」というと、つい「集客方法」ばかりに目が行ってしまいがちなのだが、

ブログ集客などで成功している人の大半は、「集客法」ではなく「中身の濃いコンテンツをいかにして作るか」に重点を置いて取り組んでいる。

また、「中身の濃いコンテンツをいかに短期間で効率良く量産出来るか?」についてものすごくよく考えているし、実際にソレが成功していると思う。

・・・ここでこの記事を読んでいる人の多くは、「私にはそんな多くの人が面白いと思っているコンテンツなんて作れませんよ!」と思っているかもしれないし、そう思い込んで思考停止をしてしまっていると思う。

だが、実際は、本当に誰にでも「多くの人が見て面白い!と思えるコンテンツの量産」は出来るのだ!


先ほど言った、海外で日本や日本人について語っている掲示板の内容を翻訳して、ブログで公開している、というような案もそのうちの1つ。

これなどは、「日本人が好みそうなコンテンツを通常の日本人が見ることが出来ない海外からもらってきている」というだけのもの。

(もちろん、このアイデアは素晴らしいと思うけどね!)

外国の言葉がわかるのであれば、このような手は使わないともったいないレベルだ。

ちなみに、Googleクロームのサイト翻訳を使えば、少々言語がわからなくても一瞬でサイト全体を翻訳してくれるので、日本についての話題などは簡単に見分けることが出来る。

検索はもちろん、現地語で「日本」とかで調べればOKでしょう。


検索キーワードも同じ要領で翻訳して作って、調べてみると結構面白そうなサイトが引っかかることがある。

そのサイトを部分的に抜き出したり、要約したりして日本人向けのブログにしてしまえば一件落着だ。

簡単そうでしょ?


■基本、「1コンテンツ・1ブログ」

多くの人がブログを作る上で間違ってしまっているのが、「自分という人間を全面に押し出して売り出そうとしている」という点。

これはブログを一見するとわかるが、プロフィールが見える処によく貼り付けているものを見かけるが、

それが有効なのはよほど名前や顔が売れている業界の有名人とか、肩書きが凄い人、テレビなどでよく顔を出している芸能人くらいだ。

我々のような知名度も何もない人間が顔を目立つ処に出しても、信頼されるとかされないとかいう以前に、「そんな無駄な情報を目立つ処に貼るのはもったいなさすぎる」のだ。

初めて、貴方のブログに来た人がまず「見たい」と思っているものはなんだろうか?

ほとんどの人は、記事のタイトルなどに興味があって、やってきているハズだ。

あなたという人間やブログの運営者に興味がある人なんてまずいない。

だからこそ、目立つ処には「初めて自分のブログに見に来た人がぜひ見たいと思っている内容」にしないといけない。

ブログ自体のコンテンツも、なるべつ1つのジャンルで統一した方がいい。

なぜか?というと、仮に貴方のブログに来た人が今流行りの「嫌韓」の情報が欲しくてやってきたとします。

ところが、自分が見たいと思ってやってきた記事以外は、あなたの日記であったり、ダイエットの記事などがあったら、その瞬間に帰ってしまうだろう。

「嫌韓」なら「嫌韓」、「ダイエット」なら「ダイエット」で1つのブログのジャンルを統一した方がいい。

これはブログに訪問した人のためだけでなく、「貴方のブログを紹介してくれる人のため」でもあるのだ。


■「アクセスを集める」には2つの方法がある

「アクセスを集める」というには実は2つのルートがある。

1つ目は、「SEO対策などを地力で行って地力でアクセスを集める」というもの。

PPC広告を使って集めたり、ブログランキングを活用したり、トラフィックエクスチェンジを使ったりする方法。

もう1つは、「他人にリンクを貼ってもらいアクセスを稼ぐ方法」。

SEOも実はこのうちの1つに入る。

理由はカンタンで、SEOで最も良い手は、「多くのサイトから被リンクを集める」ことだからだ。

「このサイトは凄いね」「このサイトの情報は役にたつね」「このサイトが情報を上手くまとめているサイトだね」

このような場合に、他人がリンクを貼ってくれる。

だからこそ、「専門ブログ」や「記事を気合を入れて書いたブログ」というものは他人から効率的にリンクを貼ってもらいやすいわけだ。

他人にリンクを貼ってもらう方法はこれ以外にも、「RSS」とか、「相互リンク」などという手もある。

これらの攻略法についてはまた別の機会でまとめようと思うが、これらも記事やブログの質が良くないと、誰も動いてくれないので、いかに「質」を上げねばならないか、お分かりいただけると思う。


■いかにしてブログの「質」を上げるか?

今回の記事の最初に書きましたが、「なぜ今、ユーチューブが笑いが止まらないか」をお伝えしようと思います。

「質を以下に上げるか?」だが、これにはいくつか方法がある。

1つは、先ほども言ったが「海外のコンテンツを日本に持ってくる」という方法。

これと同じことは逆でも言える。

つまり、日本のコンテンツを海外向けに翻訳する、という手だ。

ここから先の話は、有料マニュアルの一部なので抽象的な表現とさせてもらうのは予めご了承願おう。

日本のコンテンツを海外向けにするとき、最も大きな障害になってくるのは「言語」だ。

いくら翻訳サイトが優秀でも、細かいニュアンスを出すのはまず無理なので、コンテンツによっては翻訳サイトでは翻訳しきれないことの方が多い。

では、何なら”言語”を超越していくだろうか??

1つの答えは「ユーチューブ」だ。

もうひとつヒントを与えよう。

「万国共通で多くの人にとって反応のあるものって何だろうか?」

勘が良い人ならこれでわかるだろう。


実は、もうひとつユーチューブを使った、劇的に質の高いコンテンツを作りやすい方法がある。

それは、「ブログのコンテンツをユーチューブに持ってくる」という手だ。

僕は以前から、「PC業界で既に販売実績のある商品の販売権をもらってきて、携帯ユーザーに向けて売る」という方法を確立させているが、

これも考えようによっては「市場を変える」という点で似た面があると思っている。


最後に1つ2つ注意点を。

いくら反応が大きいと言っても、あまりにグロいものや、エロいものはユーチューブの規約違反になることがある(というか多い)ので気を付けよう。

特にエロ系は「ほぼ無理」と思っておいて間違いない。

ただ、タイトルにエロの雰囲気を醸し出しているものはやっぱり強いってことも覚えておこう。


ではでは、今回は以上で終わります。
posted by moto at 17:34 | Comment(0) | 動画マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


厳選・情報商材系無料レポート!(毎日更新)

メルマガ登録
ナレッジオンライン公式メルマガ 入力フォーム
名前(苗字)  *
携帯メルアド  *
 私どものメルマガは「携帯電話で読めるメルマガ」にて配信しております。
 ですので、お手持ちの携帯電話のメールアドレスを登録頂くことをお勧めします。
 お手持ちの携帯電話に自動的にメールが届くようになりますので、
 学習効果が数倍高くなることが見込めるからです。
 ※なおこちらで登録頂いたメールアドレスに対しては、ナレッジオンラインからのメルマガのみしか
 配信されません。
 また、いつでもワンステップで配信解除出来ますので、安心してご登録下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。