【携帯メルマガ登録】

ナレッジオンライン公式メルマガ 入力フォーム
名前(苗字)  *
携帯メルアド  *
 私どものメルマガは「携帯電話で読めるメルマガ」にて配信しております。
 ですので、お手持ちの携帯電話のメールアドレスを登録頂くことをお勧めします。
 お手持ちの携帯電話に自動的にメールが届くようになりますので、
 学習効果が数倍高くなることが見込めるからです。
 ※なおこちらで登録頂いたメールアドレスに対しては、ナレッジオンラインからのメルマガのみしか
 配信されません。
 また、いつでもワンステップで配信解除出来ますので、安心してご登録下さい。

【厳選!アクセスアップ系無料レポート】

2012年07月14日

就職対策のためのSEOマーケティングスキル

KNOWLEDGE(ナレッジ)の梶原です。


■違う意味での”SEO”の考え方


”SEO(検索エンジン最適化)”というと普通の人が思いつくのは、

1.自分のサイトなどの表示順位を上げ、集客数を増やし売上などを伸ばす

2.アフィリエイトなどで使い、アフィリエイト報酬を稼ぐ



・・・細かいことをいうとまだまだありそうなのだが、概ねこのような目的で多くの方がSEOに取り組まれているだろうと思う。


だが、僕が教える”SEO”にはまだ別の意味がある。

それは、「就職対策のためのSEO」だ。



■就職対策のためのSEOの能力


私のクライアントの中に、

「何かWEBでの能力を身につけ、独立したり、どこかの会社に雇ってもらう時にその能力を役立てたい」

という要望が多かったので、私の方でもその要望に少しでも叶えることが出来るよう以前からいろいろ考えていたのですが、


1.性別や年齢に関係なくカンタンに実現出来る

2.企業や店舗などにも役に立つ能力
(だから雇ってもらえる)

3.ウェブのことに疎い一般的な会社の社長や店舗のオーナーなどにもアピールし易い



このような特徴を持つものは、今までなかなか見つけることが出来ずにいました。


僕が最初にある会社から「自分の会社で取り扱っている海苔をなんとかインターネットで販売出来るようにならないか?」と聞かれたのは2008年頃だったのだが、

その当時は、僕はSEO対策というのは全くしておらず、PPC集客しか出来なかった。

そこで、PPC広告の設定などを代わりに行なってあげたのが集客コンサルのはじまりでした。


ここでもう一度「PPC広告」についてカンタンに説明しますね。



■クライアントに教えるには不向きのPPC広告の使い方


PPC広告とは、大きく分けて2つあり、1つは検索結果に連動して表示されるタイプのものと、

サイトなどの中に表示されるものの2つあります。


検索エンジンの表示結果に自分のサイトを載せる、という点ではSEOとよく似てますね。


PPCとSEOでの一番の違いは、PPCはクリックしてもらったら広告費を支払わないといけないのに対し、

SEOの方は特にお金は必要としていない点だ。


また話をPPC広告に戻すが、検索エンジンに載せるものでいうと、グーグルのアドワーズ広告や、ヤフー(オーバーチュア)のリスティング広告がある。

・・・ところがこの2つ、

誰でも彼でもカンタンに使いこなせるという代物ではない(笑


今はあまり請け負っていないが、僕は以前からPPC広告の代理設定などをしていたことがあるし、

最初に請けた集客コンサルタントもPPCの広告設定だったし、

PPC広告の設定が複雑でかなり難しいということは今に始まったことではない。


ですので、「誰でも割とカンタンに使い方をマスターして、利益が出るようにする」ということはこれが結構難しい。


PPCはあと2つほど問題がある。

1つは、”利益を出せるジャンルというのは結構限られている”という点。

PPCを使うと確かに集客数は増えるのだが、増えたからといって利益が出るとは言えないのが結構厳しいところだ。

集客数を上げようとすると、費用対効果の低いキーワードに手を出してみたり、

設定単価を上げないといけないので、利益がどんどん減るからだ。

だから、売れども売れども利益は全く出ない、ということも実際ありえるし、

逆に広告費で赤字になる

利益率が高い商品を売ってもらうという方法もあることはあるのだが、

多くの会社や店舗などクライアントはそういう面倒なことは望まない。

つまり、PPC集客が向かない企業や店舗が多いのだ。


2つ目の理由は、”集客にお金がかかる”という点

ウェブ集客やPPC集客などをある程度知っている人なら、「広告費というものは必要経費だ」ってことを良く知っているものなのだが、

ウェブ集客に疎い人はそもそもそういう間隔がない人が多い(というかほぼ全員そうだ)。


リアル集客では営業マンに支払う給料や、広告費などがかかるということが当たり前と思っているにも関わらず、

なぜかウェブ集客だと、

「商品が良ければサイトを作れば売れるだろう」とか

「楽天市場などのショッピングモールなどに出せば売れるだろう」とか、

「アフィリエイターや販売力のある人が売ってくれたらウェブで売れるようになる」

などと、なぜかほぼタダで売れるようになるのではないかと勘違いする人が多い。



また、PPCの広告の最適な設定は僕の会社も含めて企業秘密の部分になっていることが多いので、

自分で広告設定したものを他社に渡すということも正直したくなかったので、

今ではPPCの広告の設定方法や使い方を教えるということをクライアントにすることは向かないと感じています。



■突破口は意外な処に・・・


私としては、今までPPC広告やアフィリエイターに自分の商品を販売していただく、ということに特化していたので、

SEO対策という集客法は、2010年に入るまで積極的にやったことは実はあまりありませんでした。


それまでやっていたことは、今のようにほぼ毎日メルマガを書くことでの「ページ数の増加」と、

コンテンツ・シンジケーションといって、僕の書いたメルマガを他の人に無料で使ってもらう代わりに、

その人が作ったサイトから僕のサイトにリンクを貼ってもらうこと。

あと、これもコンテンツ・シンジケーションを使い、他人のブログやメルマガを使わせてもらい、ページ数を稼ぐ方法くらい。


SEO対策としてはほぼ最低限度を行なっていたくらいでした。


しかし突破口は意外なところで発見することになりました。


ある日、何気に検索エンジンを使っていると、検索結果にサムネイルで小さい画像が複数表示されることに気がついた。

それはYouTube動画だったのだが、それを見て、

「おや?!YouTube動画ってえらい優遇されてるな?」と思った。


それからしばらくして、遊びで自分の趣味の方の動画を大量アップさせた処、

それらの動画の多くが検索キーワードで軒並み上位表示を取ることがわかった。

120615-02m.jpg

「おや??なんでこんなサイト(動画)がこんな簡単に上位表示されるんだ?」

ってところから、本気で検証を始めることになる。

以前から、SEOの最低限の知識は当たり前のように知ってはいたのだが、

それらの知識をフル動員して、ユーチューブがなぜこんなにカンタンに上位表示されるのか、

また、ユーチューブ動画を絡ませたサイトなどを作ることで、それらのサイトを楽に上位表示につなげることが出来るのか、

というようなことを1つ1つ解明していった。



■素人やほぼ全ての人に向く方法はコレだった


先ほど、PPC広告は一般の人や企業、店舗などにやってもらうということは向いていない、という話をさせてもらった。

仮にPPCのマスターになったとしても、先行投資をする資金がないとなかなか上手くいかないし、

少しでもお金がかかることなので敬遠する人も多いし、企業などもそのスキルを望まないということがよくわかった。

また、ショッピングモールに出るとか、アフィリエイターに自分の商品を販売してもらうというのも、

難しい点が多かったり、先行投資が必要だったり、飲食店や士業関係などはこの手法が全く使えないなど、

ニーズそのものがあまりなかったりと、

「全ての人に望まれるウェブの集客スキル」というわけではないということがわかった。


だが、

今回、僕が気がついた、YouTube動画をベースにSEO対策を施していくというスキルは、極めて多くの業者や人にとって有益で、しかも”わかりやすい”ものであるということがわかった。

ウェブに疎い人も、例えば自分の会社のサイトを検索した時に、自分たちの会社のサイトではなく、

ちょっと作ったユーチューブ動画などが検索結果を占領してたら、それがいかに有益で、

逆にいうと対応が遅れたら、取り返しがつかないことになるということが分かってもらえる。


今までのSEO対策というと、自社サイトや自店舗のサイトを上位表示させるというものだったのだが、

私がクライアントに教えている方法は、検索結果の大部分をユーチューブ動画などで独占していくので、

対応が遅れると、上位表示されなくなるだけでなく、ヘタすると1ページ目からも落とされるようなこともありえる話なのだ。

120614-06m.jpg

例えば、コレなどは僕の知り合いの岡山のラーメン屋さんなのだが、

デモンストレーションで動画を撮って、そのままアイフォンでユーチューブに投稿してみたら、3時間後くらいには検索結果に登場していた(笑

ここでは動画は1つしかアップしてなかったのだが、数十個用意して、さらにブログなども作ってやれば、ラクラク、このキーワードでは上位表示独占だろう。


つまり、即効性まであるので、それら企業や店舗などに対してのアピールも非常にカンタンなのだ。


おかげさまで現在、「どうやってやればいいのですか?」という問い合わせを多くいただいているし、

おそらくこの記事を書いている翌月には恐ろしく忙しくなることだろうと思っている。



■危機感が高いということは、ニーズも高くなる


普通、SEOで稼ごうとする場合は、集客するだけでなく、”成約(クロージング”も出来なければ全くお金儲けは出来ない。

サイトアフィリなどをされている方は、この問題がなかなかクリア出来ていない人も多いことだろうと思う。

「集客」「成約」の2つが高いバランスで成り立って、初めてウェブでの高収入は実現されるのだが、

私が教える方法というのは、基本的に「成約」は必要としていない。


例えば、あなたが岡山県のA社という会社に就職したいのであれば、

「岡山 A社」というようなキーワードで自分が作ったサイトや動画で上位表示を独占してやればいいだけなのだ。


後はその検索結果をもって、その会社を訪問し、

「私はこんな実力があるので、お宅の会社で雇ってください」

と言えばいいだけで済む。

いまの世の中、「集客(営業活動)」抜きで仕事が次々と舞い込んでくるような仕事をしている人は極めて少数派だ。


上記のような手を使えば、就職活動も極めて有利に進めることが出来るし、

もし、集客代行などをするのであれば、ライバル企業や店舗などを総なめにすることも可能だ。


しかも、これはあなたがやろうとしていることと同じことをしているライバル企業なども現在は極めて少なく、

また本業としてSEOなどを請負っている会社などもまだこの手法は請け負うことが出来ないので、

独占市場と言えないこともないわけだ。


これは今までの実績を元にお話しているのだが、ある程度のスキルさえ身につけてしまえば、就職につなげたり、それらのスキルを他社に売り込むことは、かなり即効性が高い。


例えば、売り込み用の資料を作り、各企業などに数社送っただけで12%もの反応率があったこともある。

Eメールでこのような営業をして、ここまで高い反応率を得たことは僕自身初めての経験だ。

(通常、この手の営業は1%とかの反応率があれば良い方だと思っています)

また、地元の企業や店舗などに対しての売り込みの効果も極めて高いので、営業活動などがすごく楽っていうのもあります。


僕は以前、東京の業者と組んでいた時期などもあったので、毎月のように東京や名古屋などに出張に行ってましたが、

現在、そのようなことはほとんどしなくて良くなったのはありがたいことだ。


さて、いかがでしたでしょうか。

今回、このメルマガなどで公開しているスキルは、まず間違いなくあなたの人生を良い意味で変えていく力があると思っているし、

イマイチまだわからないという方も、今回の記事を読んでもらえば、なんとなくは凄いスキルなのだということが分かってもらえると思う。

もし、「まだよくわからない」と言う方は、これら集客スキルの一遍を無料でご案内しますので、こちらまでお手持ちの携帯電話で電話して欲しい。

120714-01m.jpg

120714-02m.jpg

「なんだ、これは?」と思った方もおられるかもしれませんが、

こういうものが「次世代のマーケティングスキル」の一部なのです。

ぜひ、試してみてください。



編集後記


さて、今回も少し長くなったがいかがだったでしょうか?

今回は、「SEOのスキルと実力を身につけて就職活動に役立てる」というものにスポットを当てて記事を書かせていただきましたが、

独立してウェブマーケティングで食っていくようになりたいとか、

退職後の第二の人生を生きていくためにSEOを使って何らかのビジネスをしていくとか、

就職前にこれらのスキルを身につけ、有利な条件で雇ってもらうとか、

「会社内起業」みたいな形で、退職せずにウェブマーケティングのスキルを使って給料を上げてもらう・・などなど。

あらゆる活用法が思いつく。


ただ、人によって何が正解なのかは相談してもらったり、試行錯誤の中で見つけていくしかないと思うのだが、

そんなに難しい話じゃないし、正解までを導くことには慣れているので、ぜひ試してみて欲しい。


ではまた次回をお楽しみに!


梶原基史
(Motofumi Kajihara)

posted by moto at 22:15 | Comment(0) | 動画マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

動画やブログのページ数を爆発的に増やす画期的な方法

KNOWLEDGE(ナレッジ)の梶原です。


■成功法則は1つではない


「何から始めていいのかわからない」

ウェブでのマーケティングというのは選択肢が多いということと、

業種、人それぞれの個性などにより、何がヒットするか分からないということもあるので、

最初はなるべく、その道の「プロ」に自分が具体的に何から始めたら成功率が最も高く、最も最短路で成功までのルートをたどることが出来るか聞いた方が早いと思います。


実際の処、私に寄せられる相談も、常時20名ほどの方を継続的に見させていただいているわけなのだが、

(それで結構忙しい)

それぞれ業種はバラバラ、したいこともバラバラ、要望もバラバラなので、

それぞれがやってもらっている課題などは全く違う場合が多い。

ただ、共通しているのは、YouTube動画に現在取り組んでいる人が多いとか、Seesaaブログから始めてみた、という人が多い感じでしょうか。


守秘義務というものがあるので、クライアント様の名前やサイトなどを公開することは難しいのだが、その中でお一人、かなり優秀な方がおられるのでどのようなことをしているか紹介だけしておこう。


■クライアントの成功事例


そのクライアント様の名前はここでは仮にSさんとしておきます。

Sさんは某工場勤務で、給料が安いってことで数ヶ月前から僕のサポートを受け始めている方だ。

この方は半年で30万円のコースだったので、そろそろサポートの期間も終わるのだが、

割と面白い感じにまでなってきているのでご紹介しよう。

彼が一貫してやってきたのは物販アフィリとオークション。

当初、無料レポートを作ってリスト取りをし、メルマガでそれらのビジネスをしようと考えてましたが、

それは不発に終わったので現在は、YouTube動画を使うことでSEO対策を効率良く行い、

自分のブログなどの集客数を増やすことでアフィリエイトなどを成功させている。

オークションの方は仕入れが面倒なのでなかなか動いていない様子(笑)


彼は自分が撮った動画、他人の動画などを駆使し、膨大な数のブログのページ数をここ半年で稼いだ。

自分撮りの動画数も千を軽く越し、ブログの本数はFC2、Seesaaなど有力ブログで十数本、ページ数はおそらく数千あることだろう。


彼に場合、動画本数とページ数を増やすことに空き時間の全てをつぎ込んだそうなので、僕のペースを上回る凄い集中力を発揮してくれたみたいだ。

詳しいことは後ほど紹介するが、彼は半年で月収30万円以上を確保することが出来たらしい。

まだしばらく今の生活を続けるようにアドバイスしているのだが、おそらく1年後くらいを目処に独立するだろう。


■動画やブログのページ数を劇的に増やす画期的な方法


これは彼に限らず、面白い方法なのでぜひやってもらいたいものなのだが、

あなたは「コンテンツ・シンジケーション」という言葉をご存知だろうか?

コンテンツ提供ともいうものなのだが、

このコンテンツ提供、簡単に説明すると、

例えばAさんが作ったコンテンツを他のBさんやメルマガを発行しているCさんに使ってもらうことを言います。

Aさんは、コンテンツをBさんやCさんに使ってもらう代わりに、

AさんのサイトにBさんやCさんのサイトやメルマガから指定したアンカーテキストでリンクを貼ってもらうというものです。


BさんやCさんのようにサイトを量産しようとか、メルマガのネタに困っているという人はネタがタダでもらえるので助かりますし、

Aさんは被リンクを自然な形で増やすことが出来るので、SEOでも強くなりますし、BさんやCさんの顧客からのアクセスも期待できるというわけです。


これについては僕も実際にやっているので詳しいレポートはまた別の機会で公開しようと思うのだが、


僕の場合は、「ザ・レスポンス」の小川忠洋さんのメルマガを僕の携帯メルマガで使わせてもらっていたことがあるし、

僕が発行しているこのようなメルマガも基本的に使ってもらってOKです。


このように考えている人は何も僕や小川さんだけでなく、実は非常に多くおられる。

前出のS君も物販系のブログの作成者に交渉し、彼のブログの記事を自由に使わせてもらうことが出来たらしい。

そのことで彼はその物販系ブログの数千という記事の中から好きなものを自分のブログなどに転用することが可能になった。


彼がやったのはズバリこんな方法だ。


ただ単にブログをコピーしただけでは意味がないので、彼はまず「キーワードを厳選すること」から始めた。


例えば、出典元のブログの記事が

「YouTube動画で稼ぐ方法」だったとしても、そのキーワードで勝ち目が薄いと見るや、

「ようつべ動画で稼ぐ方法」というような感じで競合が少ないキーワードにタイトルなどを変え、

そのタイトル名で自分撮りの動画を作り、それをYouTubeにアップすると同時に、自分のブログにも組み込むという方法でブログのページ数、YouTubeの動画本数を稼いでいった。


あと、YouTube内で使えそうな動画を見つけたら、その動画のタイトルをブログの記事のタイトルにし、ブログに組み込むだけでブログのページ数を稼ぐ作戦も使った。

そのような戦法で、半年弱で数千のブログのページ数と千余りのYouTube動画を構築することが出来たのだ。


今のところ、まだ始めたばかりということもあり、それらの成果はまだ出始めたばかりという感じなのだが、

もう少し効率良くこのような仕組みを構築することが出来たり、ウェブからだけの収入ではなく、リアルで一般企業や店舗などの売り込み、利益を上げるということも可能になると思う。

もちろん、このような成果を武器に企業に就職し、今以上の給料をもらえるようにしても当然いいだろう。


彼はもう十分、そのような技能と資格を手に入れたんじゃないかと思っています。


■馬鹿にならない”自分撮り動画”を使ったYouTube&SEO攻略法


僕も以前から少しずつだが、自分撮りの動画を撮り、YouTubeに載せることをしているのだが、

最近改めてその効果の高さを痛感することがある。

というのも、最近訪問した企業などで、「僕を呼ぶことに決めた理由」として、

YouTubeで僕が映っている動画を見て、それなら相談してみようと思った例が多かったからだ。

僕の場合、メルマガはほぼ毎日書いてるが、動画は1日で10本ほど撮りだめすることが多い。


まぁ、10本と言っても一本当たり長くても10分程度なので、仮に100分かかるとしても2〜3時間もあれば十分可能だ。

だから、「千本動画をユーチューブにアップしてます」という人がいたとしても、

「ふ〜ん、そういう人は結構多いよ」というのが現状。

中には、数十本の動画でチャンネル自体の動画の再生回数が数十万、数百万回といっている人もあるのだが、

千本以上の登録本数があるチャンネルもぜんぜん珍しくない。

ちなみに僕はジャンルが違う動画や、クライアントなどが絡んでたりするものは別のアカウントで動画をアップしているので、

あまりユーチューブ動画に重視してなかった僕でさえ千本以上の動画はアップしている。


ここでひとつ、物販系のユーチューブのチャンネルでカリスマ的な人がいるのでご紹介しておこう。

JETDAISUKE CHANNEL

120713-04m.jpg

彼のチャンネルを見てもらったらわかるが、マジで面白い(笑

一部で「ウェブ版ジャパネットたかた」と呼ばれているそうなのだが、

以前も紹介したことがあるアメリカのワイン屋の「ゲイリー・ベンナチャック」にも共通している楽しさが彼にはある。


このメルマガ作成時で動画の再生回数は7922万回もあったわけなのだが、

仮に1万回の再生回数で2000円の広告費を稼いだとしても、1587万円もの収入をこのチャンネル全体で稼いだ計算になる。


彼の場合、紹介があまりにも面白く評判になったので、企業や店舗などが彼に商品を持ち込み、ぜひ紹介してもらいたいという依頼が入ってくるそうなのだが、

仮に1件の動画を受けるのに10万円いただいたとして、月に15件そのような案件をこなしたら、

それだけで月150万円の収入になる。


また、ここまで集客力や登録者数なども増えたチャンネルだと、

自分が売りたい商品やサービスが別にあったとしてもそれも当然売りやすくなるし、

このチャンネルに登録している動画などからのリンクなども価値が高くなる。


■男性ばかりの独占市場?!いやそんなことはありません


今回例に挙げたジェットダイスケさん、ジャパネットたかたの高田社長、動画マーケティングで世界中で最も儲けているアメリカのゲイリー・ベンナチャックなど、

なぜか例に挙げているものは男性が多いのだが、女性でも十分すぎるほど活躍できる余地が残っていると思う。


特に、しゃべりが面白い人、

過去営業職や売り子などをした経験者、

癒し系だと他人に言われる人、

すげぇ美人など(笑


男性だけでなく女性も惹きつけるものを持っている人はこの”自分撮り動画マーケティング”で成功する可能性が極めて強い


特に女性は、プライバシーなどの問題があり、自分撮りを嫌う人も多いので、逆に言うとライバルが少ないということも言えるし、非常に狙い目市場であるのだ。


ジャンルによっては女性が多く自分撮りの動画を載せているジャンルもあるのだが、

幸いなことにというか、なんというか、SEO的なことをあまり考えずに適当な戦略でアップしてる場合が多いし、

僕が言っているようなSEO対策を知っている人は皆無に近いので、

やり方が良ければ後発組でも十分勝てる可能性もある。


何ども言うが、成功法則は1つだけではない。

あなたに最適な方法がなにか1つはあるはずだ。

それを見つけていきましょう。


■次回募集はしないかもしれません


今まで申し込みいていただいた方の場合は、最後までキチンと面倒を見させていただこうと考えているのですが、

僕の知り合いの社長さんで、ある業界に太いパイプを持っている社長が、僕がもつYouTube動画をベースにしたマーケティング手法に凄く興味を持ってくださった。


で、これはさきほどの話なのだが、遠路はるばる、何百キロも飛行機と新幹線を乗り継いで岡山まで話を聞きに来ていただいた。

結局、その社長が某県のある業種に対して、売り込みをしてくださることになった。


ただ、これは”個人”を相手にするわけではなく、”企業”向けのコンサルティングとなるので、ヘタをするとその都道府県まで僕が出向かないといけない可能性もある。

なぜかというと、企業向けのコンサルティングというのは、最低でも月5万とか、メニュー次第では月30万とかという話になるからだ。


仮に一社当たり、月10万円のコンサルタント料をいただけるとすると、

もちろん、その地域のライバル企業にも同様の売り込みをかけてくれるみたいなので、一つの県で5社とか10社とか、まとまった数が入ってくるかもしれない。

一社当たり10万円、一県あたり5社、

それが4つの都道府県にまたごしたとしたら、それだけで月200万円の計算になる。


・・・これは余談だが、岡山県や愛知県(名古屋)は、この手のコンサルタント業をするには結構厳しい土地柄で、

僕も地元の企業や地元の個人レベルの人にはあまり当初から期待していないのだが、

例えば東北のある県とか、北海道、九州地方などは非常に先進的な気風の土地柄の処は、僕のような業者が教えるノウハウを少しでも早く取り込もうという人が多い場所もある。


私のノウハウの場合、例えば「新潟 ホテル 予約」などというキーワードで新潟のホテル業界なら絶対押さえておきたいキーワードなどを根こそぎ上位を独占してしまうということも十分使える。


となるとどんなことが起こるのか?というと、

僕のノウハウを導入したところは、狙ったキーワードで上位表示を独占し、

何も対策してない処は今まで自分が表示されていた処を追い落とされるというような現象が起きる場合も十分考えられる
だろう。


クライアントの守秘義務もあるので、具体的にどの都道府県のどの地方のどんな業種なのかは言えないが、

僕のノウハウを使い、既に独占を始めた処も実際存在する。


今までのSEO対策というのは自分のサイトを上位表示させることだけが目的だったのだが、

今回は、逆に「自分のサイトが検索して1ページ目から追い落とされないようにしないといけない」という、ネガティブな理由で取り組み始めることも当然考えられることだ。


つまり、今まで以上にライバル社の動向は注意しないといけないし、またライバルが動き始めたとき、物凄い勢いで狙っているキーワードの独占が進むことも十分考えられる。


今日来られた社長さんも僕が試しにYouTube動画を数個アップしていたのを知っているので、どのくらい早く上位独占が進むかというのを知っていたので、

忙しい中わざわざ遠路はるばる直接話を岡山にまで聞きに来られたのだ。


YouTube動画だけなら早くて数時間、

Facebookページやブログなどの合わせ技を使って独占を確実なものにすることでも2週間もあれば、今のように競合が全くない状況なら簡単に独占し、


何の対策もしていない社のサイトなどが検索結果から追い落とされる。

今まで2位だったのが、抜かれて3位になるとかいうのではなく、

検索結果1ページ目などから姿を消してしまうことも十分ありえる。


今までのSEO対策は「より多く儲けたいため」だったのだが、

今回の対策は「今までの儲けを防衛するため」という意味も強いため、

このような状況にあることをしっかり理解してくださった社長さんや店舗のオーナーはかなりの確率で契約してもらえると感じています。


今回、僕は自分からは営業活動しませんが、「営業したい」という方が彼に限らず出てくる可能性も高いですし、

彼みたいに、1つの都道府県で複数のライバル業者全てに営業してみるという方も今後増えてくる可能性もあるので、

今までみたいに月1〜3万程度のコンサルティングがいつまで継続出来るのかは正直僕でもよくわからないところがあります。


来月くらいから岡山でもある業者さんが自社の顧客向けにセミナーを開催し、僕が講師として呼ばれることになっているので、

当然その中からも最低数社は試したいという方が出てくるだろう。

仮に岡山で10社も請け負ったら、県外のコンサルまでは正直したくないなぁ(笑

おそらくだが、一社当たり10万は最低でも頂くと思う。


とりあえず、動き始めるのは来月以降なのでまだ僕の方もなんとか余裕をもったコンサルが出来るのだが、マジで来月以降はどうなるかわからない。


ですので、あとマックスで2〜3名程度で受付を終了させてもらおうと思っています。

つまり在庫切れしなくても止めてしまう可能性もあるので、興味のある方は今すぐお申し込み下さい。



編集後記


僕がこのメルマガで公開している情報程度はまだ「序の口」だと思っておいてくださって間違いありません。

今回、僕が明かしているノウハウはあくまでも表面的に見えるものしか公開していないのだが、

有料コンサルでサポートをしている方には、必要に応じて十分な情報を提供しています。


例えば、最近の若い子が使ってる検索エンジンって何かご存知ですか?

検索エンジンのシェアなどを調べている資料などでは出てこないのだが、

「影の検索エンジン」としてアメリカなどでは第二のシェアを持つものとして密かに脚光を浴びつつあります。

・・・それは・・

「YouTube内検索」なんですね!

120713-06m.jpg


実際、僕の知り合いなどでも最初に何か調べる際、ユーチューブで調べる人もいるし、

僕も調べるものによってはグーグルで検索はとりあえずするが、すぐ「YouTube」をクリックして、そちらで調べることがある。


この「ユーチューブ内検索のSEO」もかなりのことがわかってきています。

そのような重要は話などもクライアントにのみ公開していますし、最新情報をお伝え出来ると思います。


ではまた次回をお楽しみに!


梶原基史
(Motofumi Kajihara)
posted by moto at 21:12 | Comment(0) | 動画マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

他人のコンテンツを使い儲けさせてもらう方法

KNOWLEDGE(ナレッジ)の梶原です。


■他人のコンテンツを使わせてもらい儲ける方法


前回のメルマガでは、グーグルがなぜYouTube動画を載せているサイトや、動画そのものを優遇するのか?という理由についての考察を書かせてもらいました。

他人の力でSEO対策をする禁断の方法その1

他人の力でSEO対策をする禁断の方法その2

グーグルがYouTube動画を貼ったサイトを優遇する理由

前回までのメルマガの内容を覚えてない方はチェックしておいてくださいね。


では、早速今回の記事を始めさせていただきます。



■他人の動画を貼って、アクセスは逃げないの?


今回、僕があなたにオススメしている新SEO対策は、YouTube動画を記事に組み込むことで、効果的にグーグルからの評価を上げ、検索結果を上位表示し易くする方法です。

具体的に言うと↓こんな感じです。

120710-07m.jpg

上記のブログはたまたまアメブロを使っていますが、このような記事なら、わずか数分もあれば1つの記事を作ることが出来ますね。


私の場合は、SeesaaブログやFC2ブログなどをメインで使っているのでアメブロはあまり使ってませんが、

それでも500程度の記事の数なら2〜3日もあれば十分、作れると思います。


このように動画をブログなどに組み込む方法のメリットは、「貼り付けたサイトから、YouTubeに直接リンクを貼っていない」という点にある。

サイトに動画を組み込んだ場合、そのユーチューブ動画にジャンプしようとするなら、このように動画のメニューバーの中にある「YouTube」というボタンを押さなければならない。

120711-03m.jpg

確かにこのボタンがあるので、組み込んだ動画にリンクが貼られていることには間違いはないのだが、

SEO的にいう「外部リンク」には当たらないので、この動画を貼ったことで、貼ったサイトの評価が下がったり、

紹介しているユーチューブ動画の評価が上がったりはしない。

つまり、SEOの評価を落とすなどという心配が一切不要だ、ということなのです。


何が言いたいのか?というと、このように美味しい条件が整っていると分かっているのであれば、

「YouTube動画を自分のサイトなどに組み込まないと損」だということだ。


ちなみにコチラは僕が趣味のサイトで実際に自分のYouTube動画を組み込んでいる例だが、

120711-06m.jpg

今回は、自分のアップしているYouTube動画の検索結果をもっと上位表示させたいので、

「ランクル70 クロカン」というアンカーテキストでその動画にリンクしている。


他人が作った動画を使わせてもらう場合は、このようなリンクを貼らなければいいだけだ。


これは、自分がサーバーを借りて、ホームページビルダーなどでサイトを作る場合にも使えるし、

Facebookページでサイトを作る場合も使える。

もちろん、ブログでも同様に使えます。


■7:3の法則


これは僕だけが思ってることかもしれないのだが、SEO関連は「7:3の法則」が当てはまるものが多い。


例えば、

「外部要因と内部要因、どちらがどのくらい重要?」

と聞かれたら、僕は迷わず、

「7:3で外部要因の方が重要」

と答える。


SEOのほとんどはSEOの評価の高いサイトからいかに多くリンクしてもらうか?に依るところが多いからだ。


また、実際に利益を上げてくれるサイトの割合などを考えても、

全体の3割のサイトが、売上の大部分を占める、と考えているので、これも7:3の法則が当てはまると思っています。


また、これはどんなビジネスにも当てはまることなのかもしれないが、

例えばあなたがウェブデザインの勉強をしているとして、

その技能ばかりを磨いていれば食えれるようになるのか?というと僕はそんなことはないと思っています。


どこかの会社に雇ってもらえるうちはいいかもしれないが、

例えば、一昔前もてはやされたフラッシュ動画の職人などは、フラッシュの消滅に合わせて、絶滅危惧種になりつつあるように、

技能だけしか持っていない人は、世の中の動きに取り残され、水から煮られたカエルみたいに気がついたらリストラされてしまって、収入源が突然絶たれてしまう、という状況に陥りやすい。

100411-11m.gif

※水から煮られたカエルの喩え:水から徐々に煮られたカエルは、逃げることなく茹でられて死んでしまう。
つまり、少しずつ状況が悪化しているのに何もしないとそのうち致命的な状況に陥ってしまうことを言う喩え



・・・ですので、私は技術を磨く、という以外にも「自分を売り込む技術を常に磨いておく必要がある」と特にクライアントなどにはクチがすっぱくなるほど言い続けています。



■自分を他人に売り込む技術を磨こう


「自分を他人に売り込む」とはどういうことか?というと、

例えば会社の中では自分の上司に自分という人間の評価が少しでも上がるようにアピールすることだったり、

普段から自分の能力が高いということをあらゆる媒体を使って、他の人にアピールすることを言います。


この技能さえ普段から磨き、努力も欠かさずしておきさえすれば、

まずリストラそのものにも遭う心配は少なくなるだろうし、

いざ自分が勤めている会社がなくなったりしても、次の就職先で困ることはなくなるだろう。

また、僕のように独立して起業している人間にとっては、「自分を他人に効率的にアピールすること」というのが最重要なスキルとなってくるので、重要なことには変わりない。


つまりだ、仮に本業がウェブデザインのような仕事をしている人にとっても、

自分の能力を他人に売り込む能力と、本業のスキルのどちらが重要?と聞かれたとしても僕は迷わず、

「7:3で圧倒的に自分を他人に売り込む能力を身につけることが重要だ」

と答える。


これは職人気質の人が本当によく間違えることなのだが、

例えばうどん屋さんの場合、うどんが美味しければお客がリピートしてくれる、というと決してそんなことはない。

新規顧客をいかに効率良く取り込むかどうか?というのがまず重要になってくることだ。

でないと、新規顧客を取り込めないビジネスは必ず先細りになる。

だからこそ、マーケティング(集客)こそがどんなビジネスをしている人にとても最重要で最優先で身につけねばならないスキルなのだ。


僕としては義務教育でマーケティング(集客)やクロージング(成約)テクニックを全ての人に教えて欲しいくらいです。


自分の能力を他人に効率良く売り込むのに、今の時代、何が一番重要になってくるか?というと、

まずは「検索エンジンで自分のサイトやコンテンツなどを上位表示させ、多くの人の目につくようにしていく能力」だ。


それが出来たら今度は、Facebookなどで友人を増やし、効率的にその人脈を使って自分のビジネスを広げていくことなどに手をつけていけばいい。


これらのスキルを身につけたり、実際に集客力などを増やしていくことは、会社員をしていても十分可能だし、

学生だとしても、たとえ幼稚園児でも可能。

もちろん、80歳をすぎた高齢者でもやろうと思えば十分可能だ。


「正しいやり方を覚え、実践するだけ」なのだから。


もし、あなたがこれから時代、生き残っていきたいとか、少しでも有利な条件で就職したい、給料を少しでもアップしたい、膨大な収入を手に入れたいと本当に熱望するのであれば、

本気でこれらに取り組んでもらいたいと思います。



■今すぐ動く必要はないと思っている方はぜひ見てください


「人はお尻を叩かれないとなかなか動けない生き物」だと思う。

これは何も他人のことだけでなく、自分自身に一番当てはまるからだ(汗


僕は本当に尻に火がつかないと動けないタイプなのだが、いざ尻に火がついたら自分でも驚くほどの集中力と瞬発力を発揮することがある。

もし、あなたがそのような状況に追い込まれているわけではなく、

まだなんとなく余裕があると思っているのであれば、まだこれらを学ぶ時ではないのかもしれない。


しかし、想像してみてほしい。

本当にこれらのスキルが必要となってきたとき、あなたに取り組む時間や体力は残されていない可能性が極めて高い。

これは自分自身の経験や、多くのクライアントの相談から身にしみて痛感することなのだ。

もし、あなたが少しでも今回のスキルに興味があるのであれば、今すぐにでも取り組んでもらいたい。

なんせ、今回のスキルは「ほぼ全ての人にとって必須科目と言えるほど重要なスキルだから」だ。


ではまた次回をお楽しみに!


梶原基史
(Motofumi Kajihara)
posted by moto at 21:11 | Comment(0) | 動画マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


厳選・情報商材系無料レポート!(毎日更新)

メルマガ登録
ナレッジオンライン公式メルマガ 入力フォーム
名前(苗字)  *
携帯メルアド  *
 私どものメルマガは「携帯電話で読めるメルマガ」にて配信しております。
 ですので、お手持ちの携帯電話のメールアドレスを登録頂くことをお勧めします。
 お手持ちの携帯電話に自動的にメールが届くようになりますので、
 学習効果が数倍高くなることが見込めるからです。
 ※なおこちらで登録頂いたメールアドレスに対しては、ナレッジオンラインからのメルマガのみしか
 配信されません。
 また、いつでもワンステップで配信解除出来ますので、安心してご登録下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。